間違いなく楽しい! beat.jpg

Honda Beat室内
NSXと同様のミッドシップエンジン・後輪駆動という配置・ドライブトレインを採用したこと、ほぼ同時期の開発・発売であることなどから相似が取り上げられることもある。実際には開発チームが異なり双方の人的交流も存在しなかったが、ルームミラーは開発陣が意図してNSXと全く同じものを装備していた。なお、当時の運輸省の反発を避ける意味合いから“スポーツ”とは名乗らずに、公式には「ミッドシップ・アミューズメント」と冠している。量産車として世界初のミッドシップでフルオープンモノコックボディ[1]を採用し、公式にアナウンスはされていないものの、ピニンファリーナの元デザイナーであるエンリコ・フミアは、チェコスロバキア人デザイナーのパーヴェル・ハセックが担当したと語っている[2]。サスペンションは四輪独立懸架のストラット式で、軽自動車としては初めての四輪ディスクブレーキ、SRSエアバッグ、サイドインパクトビーム、駆動方式がMRであることから前13インチ・後14インチの前後異型タイヤが装備された。後輪ブレーキディスクは当時のプレリュードのものが流用され、パワーステアリングは装備されておらず、ハンドル回転時の遊びも少ない。日本車の中でも特に低く設定された1,175mmの全高のため室内は狭いが、センターコンソールを助手席側に約2cm寄せて、運転席を助手席よりも広く設定した。トランク容量も極めて小さく、純正オプションとしてトランクリッドに取り付けるキャリアが用意されていた。オプション品のカーオーディオは車速に応じて音量を調整する「スカイサウンドシステム」を装備したが、センターコンソールの幅の狭さから、一般的なDINに対応したオーディオの装着には社外品のアダプターなどを要した。
車両中央に横置きされるE07Aエンジンは、自然吸気(NA)だが独立3連スロットルと燃料噴射制御マップ切換方式を組み合わせた吸気システム「MTREC」(Multi Throttle Responsive Engine Control) により、自然吸気の軽自動車としては唯一自主規制に達する64PSを8,100rpmで発生する。レッドゾーンは8,500rpmと高回転型に設定されている。組み合わせられるのは5速MTのみで、ATは設定されていない。1991年8月5日に死去した本田宗一郎も、同年5月15日の発表会に出席しており、本田が最後に見送った4輪車となった。
2010年5月9日には、ツインリンクもてぎで開催されたオーナーミーティングのオーバルコースにおいて行われたパレードランに569台が参加。これはホンダの同一車種による世界最大のパレードランとなり、ギネス記録に認定された。 SOHCゆえに動力性能は高くないが、レッドゾーンまで回るエンジン特性が評価され、若年層を中心に現在でも人気がある。



当時あこがれの車でした。この頃のホンダのCMはカッコ良かった。今一番ホンダで復活させてほしい車です。
CMナレーションは城達也さん。

【覚えていますか?Hondaの進化の"前兆"となったあのクルマ】
今日からちょうど38年前、1978年の11月25日、日本のスペシャルティカー市場の先駆けとなったHondaの初代「プレリュード」が発売されました。「プレリュード」とは英語で“前奏曲" "先導する”を意味する言葉。前席を重視した4人乗りの室内や、当時国産車で初めての電動式サンルーフを標準装備しました(Eタイプ除く)。タコメーターとスピードメーターを見やすく配慮した、世界でも珍しい集中ターゲットメーターなど、数多くの新しい技術を採用。パーソナルライフを楽しむための2ドアクーペでした^^ プレリュードは、スポーツカーやGTカーの雰囲気が味わえるとして瞬く間に大ヒット車に!2代目以降は、ツードアという特徴から「デートカー」などとも呼ばれました^^ 「プレリュード」は、発売のたび新しい技術をドライバーにお届けし、その名の通り今も続くHondaの技術革新の「前兆」となった製品でした。
当時のプレスリリース 
当時のプレス用資料: 今でも多くのHondaファンの方々に愛されているこのクルマ。みなさんの「プレリュード」とのエピソードも、ぜひお聞かせください♪



Honda NSX 360度映像

NSX 360度映像
2台の新型NSXが鈴鹿サーキットを駆る…!
抜きつ抜かれつの走りを、GTドライバーの小暮選手がドライブするNSXで同乗体験、いかがですか?^^【360度試乗】初公開!「ホンダ NSX 新型」サーキット全開アタック





新型NSXに搭載されたSPORT HYBRID SH-AWD

新型NSXに搭載されたSPORT HYBRID SH-AWD。
この革新的な技術を駆使し、NSXが描ききったものとはなにか。ダイナミックでエキサイティングなチャレンジを記録したWebムービー、全編はYouTubeでご覧ください。

Hondaビートのエアコンガス交換。

IMG_エアコン1165


011.jpg


HondaビートPP1
少し前にはエアコンは効いていたような気がしていたのに、
先日から暑くなりはじめたんで本格的に使おうとしたら全く効かない状態となった。エアコンのスイッチすら入らない状態のようです。いくらオープンカーとはいえエアコンが効かないと夏はキビシイっすよね~。っていうかエアコンの必要性はオープンのほうが高いのかな?ビートはエアコンが弱いらしく、けっこうトラブルが多いようなんです。高回転型のエンジンですのでエアコン掛けたままブン回すとコンプレッサーにかなりの負担が掛るようで、ビートオーナーの間では「5000回転以上回す時はエアコンを切る!」っていうのが常識みたいです。他にもマグネットクラッチ等の電気的トラブルも多いようです。コンデンサーの取付け位置がナナメになってるのも冷却効率が悪そうだし、そもそもサイズが小さいんで容量不足かもしれませんね。

20140726101545のコピー

そんなビートのエアコンのガス交換です。
で、この頃のクルマのエアコンは R12ガス なんです。昔はエアコンの冷媒として主流だったガスなんですが、オゾン層を破壊するってことから製造中止になってしまった。今でも売ってるとこはあるみたいなんですが、昔は、1本数千円とかのべらぼうなプライスが・・・ちょっと気軽に使える値段ではないところでしたが、R12対応の代替ガスっていうのもあるんですが、コレがクセモノでして・・・中には使ってすぐにコンプレッサーが焼きついちゃったこともあったとの話も聞いていたので、あまり良い印象ではなかったのですが、最近は大丈夫らしく、今回はR12対応の代替ガスを 2本入れました。本来ならば、レトロフィットって方法はけっこう以前からあったんですが、当初はトラブルも多かったみたいであまり評判が良くなかったようなんです。
d0156040_19261685.jpg

旧タイプのOリングを使うと溶けてしまうといったような都市伝説もあったりして・・・最近ではいろいろ事例も増えてきてトラブルの原因もわかってきている。次の段階では、エアコンリフレッシュ行おうと思っていて、レトロフィット を使って134aガス が使えるようにエアコン本体を変更することで。現在使われている物のですから、どこでも手に入りますし、お値段も1本数百円とリーズナブルですから、気軽に使えますからね。