スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hondaビートのエアコンガス交換。

IMG_エアコン1165


011.jpg


HondaビートPP1
少し前にはエアコンは効いていたような気がしていたのに、
先日から暑くなりはじめたんで本格的に使おうとしたら全く効かない状態となった。エアコンのスイッチすら入らない状態のようです。いくらオープンカーとはいえエアコンが効かないと夏はキビシイっすよね~。っていうかエアコンの必要性はオープンのほうが高いのかな?ビートはエアコンが弱いらしく、けっこうトラブルが多いようなんです。高回転型のエンジンですのでエアコン掛けたままブン回すとコンプレッサーにかなりの負担が掛るようで、ビートオーナーの間では「5000回転以上回す時はエアコンを切る!」っていうのが常識みたいです。他にもマグネットクラッチ等の電気的トラブルも多いようです。コンデンサーの取付け位置がナナメになってるのも冷却効率が悪そうだし、そもそもサイズが小さいんで容量不足かもしれませんね。

20140726101545のコピー

そんなビートのエアコンのガス交換です。
で、この頃のクルマのエアコンは R12ガス なんです。昔はエアコンの冷媒として主流だったガスなんですが、オゾン層を破壊するってことから製造中止になってしまった。今でも売ってるとこはあるみたいなんですが、昔は、1本数千円とかのべらぼうなプライスが・・・ちょっと気軽に使える値段ではないところでしたが、R12対応の代替ガスっていうのもあるんですが、コレがクセモノでして・・・中には使ってすぐにコンプレッサーが焼きついちゃったこともあったとの話も聞いていたので、あまり良い印象ではなかったのですが、最近は大丈夫らしく、今回はR12対応の代替ガスを 2本入れました。本来ならば、レトロフィットって方法はけっこう以前からあったんですが、当初はトラブルも多かったみたいであまり評判が良くなかったようなんです。
d0156040_19261685.jpg

旧タイプのOリングを使うと溶けてしまうといったような都市伝説もあったりして・・・最近ではいろいろ事例も増えてきてトラブルの原因もわかってきている。次の段階では、エアコンリフレッシュ行おうと思っていて、レトロフィット を使って134aガス が使えるようにエアコン本体を変更することで。現在使われている物のですから、どこでも手に入りますし、お値段も1本数百円とリーズナブルですから、気軽に使えますからね。

無限がコンプリートカーS660 MUGEN RA

20160530103132_223_.jpg

ホンダのモータースポーツ活動や、アフターパーツおよびコンプリー
トカーの開発を手がけるM-TEC(以下、無限)は2016年5月26日、「ホンダS660」のコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表した。
■無限がリリースする第3のコンプリートカー
S660 MUGEN RAは「デザイン・走り・カスタマイズの楽しみの融合」をコンセプトに、無限がモータースポーツ活動などで培った技術を取り入れて開発したコンプリートカーである。無限がリリースするコンプリートカーとしては、「シビックMUGEN RR」「CR-Z MUGEN RZ」に続く第3のモデルにあたる。同社ではS660 MUGEN RAを「カスタマイズを楽しむためのスポーツベーシックモデル」と位置づけており、車名の「R」は無限のレーシングスピリットを、「A」はコンプリートカーの基本仕様であることを表しているという。
■オーナー自身がカスタマイズする楽しみもデザインについては、カーボン製のフロントグリルをはじめ、赤い本革製シートや専用カラーのステアリングホイールなど、内外装の各所にオリジナルのパーツを採用することで無限ならではの存在感を表現。一方でエアロパーツ類はあえて装着せず、カスタマイズのベース車両としての楽しみも持たせているという。
運動性能に関しては、ビルシュタイン製の車高調整式サスペンション(前後単筒倒立式ダンパー)やBBS製の切削鍛造アルミホイールを採用することで、バネ下重量の低減と剛性アップを図っている。具体的な専用装備は以下の通り。
・ステンレス製サイレンサー・ビルシュタイン製車高調整式サスペンション (前後単筒倒立式ダンパー)・BBS製鍛造軽量アルミホイール(フロント 15×5J、リア 16×6 1/2J)・フロントグリル(カーボンコンポジット&ASAアクリル製)・RAエンブレム(フロント&リア)・本革製専用カラー表皮シート(一部合成皮革)・専用デザイン、専用カラーステッチ採用本革巻きステアリングホイール・無限ロゴ入りメーター・カーボンシフトノブ(6MT車)・専用カラーステッチ採用シフトブーツ・専用カラーステッチ採用本革巻きセレクトレバー(CVT車)・無限ロゴ入りプッシュエンジンスタート/ストップスイッチ・シリアルナンバープレート
20160530103136_310_.jpg

20160530103139_620_.jpg

20160525-20102846-carview-011-7-view.jpg

20160525-20102846-carview-020-7-view.jpg

20160525-20102846-carview-012-7-view.jpg






価格は289万円。販売台数は660台の限定で、2016年5月26日から9月30日までの注文受け付けを経て、10月3日の発売を予定している。なお、6月9日の18:00までに申し込みが660台を超えた場合、抽選での販売となる。

1962年、東京モーターショーの衝撃

20131021-20101819-carview-000-3-view.jpg

ホンダ スポーツ360、というクルマをご存知だろうか? 1962年秋、晴海の国際貿易センターを舞台に開かれた東京モーターショー、当時の正式名で第9回全日本自動車ショウに、モーターサイクルの分野ではすでに世界一になっていたホンダが生み出した初の四輪車としてプロトタイプが展示されたのが、当時の軽自動車規格で仕立てられた「スポーツ360」と、その5ナンバー仕様たる「スポーツ500」だった。1962年といえば、日本が経済成長の真っただ中にあったとはいえ、一般のサラリーマン家庭がクルマを所有するにはまだ数年を待たねばならない時代だったが、そんなときに最初の四輪車として生み出したのがスポーツカーだった、というのがいかにもホンダらしい。その根底に、日本のマーケットのニーズを考えるだけでなく、世界に通用し、自動車先進国にも輸出できる製品を生み出さないと意味がないと考えた創始者・本田宗一郎の、スケールの大きい発想があったからだと思われる。100万人を超えたというその年のショー入場者。そこにはすでに発売されていた日産フェアレディ1500に加えて、トヨタから後のスポーツ800のプロトタイプとなるパブリカ・スポーツが出品されるなど、日本の自動車メーカーがスポーツカーへの関心を一気に深めていきつつある、クルマ好きにとってはすこぶる面白い時期だった。そんななかにあって、ホンダブースのむせ返るような人だかりのなかで必死に目に焼きつけたスポーツ360とスポーツ500は、まさに光り輝くような魅力を放っていたのを今も鮮明に覚えている。なぜならそれらの小さなオープン2シーターは、当時のエンスージアストの夢をまさしく具体化したかのようなスペックとスタイリングを持っていたからだ。


S660 ネオ・クラシック・コンセプト.

06.jpg
東京オートサロン16】原形なし、S660 が「ネオ・クラシック」に変身…ホンダアクセス有志が自主制作
ドア以外の外パネルはすべてオリジナル品が施され、ほぼ原形をとどめていない『S660』のカスタムカーが登場した。ホンダの純正用品を手がけるホンダアクセスの有志によるN lab.が自主作成し、出展した『S660 ネオ・クラシック・コンセプト』だ。
ホンダアクセスの高橋勝美氏によると「社内の自己啓発活動の一環として有志で行ったデザインコンペで集まった70のアイデアの中から選ばれた2台のうちの1台」という。デザインを手がけた山田真司氏は「従来のスポーカーはシャープでトゲがあって、景色に馴染まないなと思っていた。また今の若者は尖がり過ぎた車は欲しくない、もっとおしゃれとか、自分の生活スタイルにマッチした車が欲しいのではないかと考え、そこでこれまでと違うスポーツカーを提案したいというところから始まった」と振り返る。
具体的には「ファッションの世界でもビンテージとか、レトロといった世界があるように、車でもクラシックテイストを入れて、若い人たちのスタイルの一部に取り入れられるような車にしようと思い、普遍的な形、昔からの形を踏襲しながら、新しい価値観と所有感を持たせた」と話す。このうちエンジンフードは「往年のクーペスタイルを継承した」とし、また丸目ライト採用したフロントマスクは「『S800』や『S600』からインスパイアを得て、子供でも絵が描けるようなアイコニックなデザインにした」と解説。なおヘッドライトおよびリアコンビライトは『N-ONE』のものを流用している。ちなみにデザインコンペは昨年9月に行われており、その後わずか2か月半で実車化して、今回の出展にこぎつけたという。07_20160117113418349.jpg

08_20160117113501b25.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。