スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枠にはまるな。

スクリーンショット

今回の第43回東京モーターショー2013では、新しいS660コンセプトが話題となっている、
SPORTS360復刻がホンダのアーカイブとして展示されるようです。新たなS660コンセプトは今のホンダがもっと早く登場させるべき車でした。また、今回のホンダは、新しいクルマ作りの技術と古き良き時代の創業者宗一郎のスピリットが、今現在も生きている事のメッセージであることに感動しています。ホンダ50周年とホンダビートが20周年なのでホンダからはビート20周年として今後ビートを乗る人達にメンテ部品等が提供されています、消耗品などは心配する必要は今のところないですが。いずれ部品供給が無くなる状況だと思いますが。

また本田宗一郎が亡くなる最後の企画がホンダビートでした。出来上がった時は喜んでビートに乗り、笑顔でアイルトンセナと話し手いたらしい。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。