ビート発売20周年を記念

062_l_20111027100217.jpg

ビートフォト 1


Beatオーナーに朗報! ビート発売20周年を記念した専用純正アクセサリーが、やってくれましたね。本来Hondaは、振り向かない企業であると。今回のホンダが提供してくれた事は、Beatオーナーにとって、又、ホンダらしいマインドを感じさせてくれました。しかし限定販売となっているので。少し入手するのは困難ではないか?と思える、また心ない業者がオークション等で、出品して、純粋なBeatオーナー達のマインドをケガす業者達には、ご遠慮願いたいものですね。11月30日(水)から全国のホンダカーズで販売される。ビートは1991年に発売された2シーターオープン・ミッドシップの軽自動車で、非力ながらも乗って楽しいクルマとして愛好家も多く、中古車市場91年~1996年の5年間で3万 3892台が生産された(ホンダ調べ)。

■長く楽しむ事がコンセプト
sasu#8776;_l
今回設定されたビート専用純正アクセサリーは、全部で7種類。ビートならではのスポーティな走りと、市街地でのしなやかな乗り心地の両立を目指して開発された「Modulo スポーツサスペンション(13万円)」は、赤×白のカラーリングが当時のアイルトンセナ.マクラーレン・ホンダでF1を席巻していた頃の強いホンダを連想させる。外装では、オリジナルのデザインを踏襲しつつ、表面の処理をアレンジした「フューエルリッド(2万1000円)」や、“BEATと MTREC”で構成された「リアエンブレム(3000円)」が用意された。MTREC(エムトレック)とは、item04_s.jpg
ホンダのF1テクノロジーを応用した、多連スロットルと2つの燃料噴射制御マップ切り換え方式によるハイレスポンス・エンジンコントロールシステムの略称である。駐車時にキャビンを覆う「ハーフボディカバー(6500円)」は、ビートのシンボルマーク付き。こちらは収納袋も付いているので、走行時にはコンパクトに畳んで仕舞っておける。「フロアカーペットマット(1万円)」は、グレーベースに、縁がブラックorイエローorレッドを用意。ロゴ部分にはオリジナルシートのゼブラ柄が奢られた。 Gathers(ギャザズ)の「スカイサウンドコンポ(6万4000円)」は、今どきのカーオーディオに必須のiPodやiPhoneなどの携帯音楽プレーヤーに対応。接続コードを追加すれば、ディスプレイで動画を見ることもできる。同じくギャザズの「スカイサウンドスピーカー(3万3000 円)」は、オリジナルの旧スカイサウンドコンポ「GCX-8200SF」の120Wタイプにも対応している。コンポ13_l

■ビート後継車は?
ビート後継車の存在は、7月のホンダ株主総会で公式にアナウンスされている。新型では軽自動車の枠にこだわらず、1.2リッター~1.5リッター程度のエンジンを搭載することになる模様。またハイブリッドスポーツの「CR-Z」のプラットフォームを流用することも濃厚だ。発売の目途は2013年頃(前倒しの可能性も!)。乗って楽しいビートらしい走りや、若年層にも手が届きやすい価格を期待しつつ、新世代ビートの続報を待ちたい。
c0026053_0315139.jpg
スポンサーサイト