スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバルト 695"Tributo フェラーリ




20090909_10.jpg20090909_11.jpg
ピクチャ 1









アバルト 695"Tributo フェラーリ "については、今後の第63回フランクフルト国際モーターショーでデビューすることです。この新しいアバルト695"Tributoフェラーリ"アバルト500の高性能バージョンであり、パフォーマンスのために情熱を、レースの魂、ディテールとイタリアのスタイルに注目を含む共通の価値観に基づいてアバルト、フェラーリとの間のリンクを表します。 アバルト695"Tributoフェラーリ"だけでなくアバルトのスポーツの範囲を拡張する素晴らしい自動車ですが、また、フェラーリの顧客の実用的な都市のモビリティを含むすべての移動が必要なため、小さいながらもエキサイティングなスモールカーを提供します。 新しいアバルト695"Tributoフェラーリ"文体の変更の数が、もっと重要なことは実質的な変更アバルト、フェラーリのエンジニアによって開発さによって区別されます。エンジンは、出発点として、1.4ターボTシャツJetの10%、180のHP上で開発するように調整されます。これは、MTA(マニュアルトランスミッションの自動化)でレースを電気ギアボックスはギアシフト回数を減らすことによって、エンジンの性能をフルに利用してパドルシフトレバーのインスピレーションを組み合わせています。 加速度を向上させるためには、車で17 ''合金ホイールのデザインフェラーリのホイールに触発さ特徴で高性能なタイヤを装着されます。 サスペンションやブレーキシステムも、余分な力で対処するために:284ミリメートルマルチに固定された4つのピストンキャリパー、両方のブレンボ製で、特殊な衝撃吸収とセクションのディスクに完全な安全性能を楽しむことが強化されている。 そしてもちろん、そこに"Recordモンツァ"変数が帰ってきた圧力"デュアルモード"排気、エンジンの性能を改善し、数3,000 rpm以上の感動のサウンドを提供設計した。 上の外では、車のフェラーリレッドでは、カーボンファイバー製のドアで仕上げられて、ミラーやホイール、レーシンググレーの後部のエアインテークなどの詳細情報です。この新しいアバルトとのキセノンヘッドライトを搭載し、改善発光、優れた効率性の主ビームの機能はすべての気象条件の下で下落した。マネッティマレリ車載照明、によって、これらの要素の3倍の光の強度と標準的なハロゲンランプのヘッドライトの期間を提供するメイド。 インテリアも個性され、細部への関心を示すとは、両方のブランドに共通しているスポーツスタイルです。"アバルトコルササベルトで"席を取り付けていると黒の革で、シェルやカーボンファイバー製のシートベースで終了。 この席の特徴レースの完璧な融合-軽量化を提供する(10キロの標準席以上)と以下の機能は、体の横方向と縦方向軍に対する安定したホールド、体を支える要素をつぶすと耐性の泡-人間工学とでいっぱいに感謝道路の座席の快適さ。 一方、インストルメントパネル特別イェーガーによって作られている黒革のステアリングホイールの赤い革の挿入とは、上のMTAギアパドルマウントされて三色旗ハブによって、特徴、典型的なフェラーリの計測に触発。細部へのこだわりの床にもなっています:足の井戸を完全非覆われているアルミニウムスリップし、レースペダルには、スコーピオンのロゴがパーソナライズされます。 インテリアその他の詳細も、特別なキックプレートとプレートの車両シリーズ番号軸受のような装飾です。フランクフルト・モーターショーで発表されるらしいですねぇ。これ、所さんのR1/R2なフェラーリもカッコいいですが、やっぱしその筋の方が本気を出すとレベルが違いますね、限定販売にする状態ポイ。。果たして日本に入ってくるんでしょうか???でも、仮に入ってくるとしても高額なプライスになるんでしょうなぁー。■フェラーリ好きな方々がゲットしたがるでしょうし。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。