スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嶋田製アース&バッテリーコンデンサ

IMG_220.jpg
嶋田製アース&バッテリー直付けコンデンサを取り付け後、クラッチをつないで直ぐトルクのボリュームアップを感じた。Beatは低回転がスカスカで発進時クラッチペダルには気を遣うのだが違いが直ぐ分かる。全域でエンジンの鼓動が8ビートから16ビートに変わったという感じで音が静かで滑らかになった。装着じにはバッテリーから配線を外したので、ECUが一旦リスタートとなっている事で、8000rpm超まで回すと差が分かりづらくなるが低回転でこれだけ効果があるのであればECUが学習すれば高回転でも効果があらわれると思える。Beatにはアーシングするのにエンジン側ブロックに接続する適当な箇所ないのではないか。ブロックと隣り合わせるミッションに接続したがブロックに接続すると効きが違うのか興味が湧く。いずれにせよトルクアップには排気量アップしかないと決めつけていた私にショックである。付けたばかりで燃費は未計測だが伸びるのは間違いない。ただ私の場合レスポンスアップに翻弄されて回しすぎる状態になるだろ。これによって燃費は落ちるだろうが、Beatに燃費を求めてはいけない。レスポンスアップを喜ぶべきである。アース&バッテリー直付けコンデンサセットで6000円、あまりにコストパフォーマンスに優れた投資である。
アース

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。