FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダS1000」は、「S660」のボディを拡大、パフォーマンスを向上させグローバルモデル

ホンダが『ビート』以来、19年振りに発売した軽自動車規格の『S660』。を基本として昔のホンダが行ってきた、S600やS800を提案してきたスタイルの様に、『S1000』を登場さす様です。

S1000-.jpg



さて、『S1000』に関するレポートが、欧州からレンダリングスケッチと共に入ってきました。「S1000」は、「S660」のボディを拡大、パフォーマンスを向上させグローバルモデルとして販売するモデルとなりますが、そのボディサイズやパワートレインは気になる所です。
エクステリアデザインは「S660」の意匠を継承する可能性が高く、ボディサイズは全長3500mm×全幅1590nn×全高1190mmという情報です。パワートレインには、新開発の1リットル直噴3気筒VTECターボを搭載、最高馬力は「S660」の倍、128psを発揮するといい、6速MTも勿論ラインナップされる可能性が高いようです。ワールドプレミアは2017年内、日本発売の可能性もあり、予想価格は300万円以内に収まりそうです。

Honda-S660_Concept-2013-1280-03-20160622132720.jpg


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。