スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当時あこがれの車でした。この頃のホンダのCMはカッコ良かった。今一番ホンダで復活させてほしい車です。
CMナレーションは城達也さん。

【覚えていますか?Hondaの進化の"前兆"となったあのクルマ】
今日からちょうど38年前、1978年の11月25日、日本のスペシャルティカー市場の先駆けとなったHondaの初代「プレリュード」が発売されました。「プレリュード」とは英語で“前奏曲" "先導する”を意味する言葉。前席を重視した4人乗りの室内や、当時国産車で初めての電動式サンルーフを標準装備しました(Eタイプ除く)。タコメーターとスピードメーターを見やすく配慮した、世界でも珍しい集中ターゲットメーターなど、数多くの新しい技術を採用。パーソナルライフを楽しむための2ドアクーペでした^^ プレリュードは、スポーツカーやGTカーの雰囲気が味わえるとして瞬く間に大ヒット車に!2代目以降は、ツードアという特徴から「デートカー」などとも呼ばれました^^ 「プレリュード」は、発売のたび新しい技術をドライバーにお届けし、その名の通り今も続くHondaの技術革新の「前兆」となった製品でした。
当時のプレスリリース 
当時のプレス用資料: 今でも多くのHondaファンの方々に愛されているこのクルマ。みなさんの「プレリュード」とのエピソードも、ぜひお聞かせください♪



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。