S660 ネオ・クラシック・コンセプト.

06.jpg
東京オートサロン16】原形なし、S660 が「ネオ・クラシック」に変身…ホンダアクセス有志が自主制作
ドア以外の外パネルはすべてオリジナル品が施され、ほぼ原形をとどめていない『S660』のカスタムカーが登場した。ホンダの純正用品を手がけるホンダアクセスの有志によるN lab.が自主作成し、出展した『S660 ネオ・クラシック・コンセプト』だ。
ホンダアクセスの高橋勝美氏によると「社内の自己啓発活動の一環として有志で行ったデザインコンペで集まった70のアイデアの中から選ばれた2台のうちの1台」という。デザインを手がけた山田真司氏は「従来のスポーカーはシャープでトゲがあって、景色に馴染まないなと思っていた。また今の若者は尖がり過ぎた車は欲しくない、もっとおしゃれとか、自分の生活スタイルにマッチした車が欲しいのではないかと考え、そこでこれまでと違うスポーツカーを提案したいというところから始まった」と振り返る。
具体的には「ファッションの世界でもビンテージとか、レトロといった世界があるように、車でもクラシックテイストを入れて、若い人たちのスタイルの一部に取り入れられるような車にしようと思い、普遍的な形、昔からの形を踏襲しながら、新しい価値観と所有感を持たせた」と話す。このうちエンジンフードは「往年のクーペスタイルを継承した」とし、また丸目ライト採用したフロントマスクは「『S800』や『S600』からインスパイアを得て、子供でも絵が描けるようなアイコニックなデザインにした」と解説。なおヘッドライトおよびリアコンビライトは『N-ONE』のものを流用している。ちなみにデザインコンペは昨年9月に行われており、その後わずか2か月半で実車化して、今回の出展にこぎつけたという。07_20160117113418349.jpg

08_20160117113501b25.jpg


スポンサーサイト