商品企画コンペから生まれた「S660」

スクリーンショット 2015-03-27 19.22.15
商品企画コンペから生まれた「S660」
本田技術研究所50周年の商品企画コンペで、当時、20代半ばの若手社員(モデラー)だった椋本陵さんが提案したのがホンダS660の原型だという。椋本さんの企画は見事採用され、そのまま開発責任者に任命された。20代の開発責任者……ちょっと聞いたことがない。会って話してみると、今っぽい、でも普通のメガネの青年だった。青年、いいクルマつくったね!
話題のモデルなのでいろいろな情報がすでに出回っており、関心のある人は先刻ご承知かもしれないが、おさらいも兼ねて正式なスペックを紹介したい。S660は軽自動車枠に収まるミッドシップの2シーターオープンスポーツだ。スチール製のモノコックボディで、パワートレーンはアルミ製のサブフレームに載っている。Nシリーズでおなじみの直3DOHCターボエンジンを乗員の背後に横置きし、6速MTかCVTを介して後輪を駆動する。サスペンションは前後ともストラット式の独立懸架。軽自動車としては異例の4輪ディスクブレーキが採用され、タイヤはフロント165/55R15、リア195/45R16の前後異径サイズで、触るとベトベトしそうなほどにスポーティーなアドバン・ネオバが装着されていた。S600


20150325-20102394-carview-001-1-view.jpg

20150325-20102394-carview-010-1-view.jpg


20150325-20102394-carview-011-1-view.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg






スポンサーサイト