スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

862050.jpg

64_s.pngホンダが3月30日に発表した軽オープンカー『S660』は脱着式のソフトトップを採用しているが、今夏には無限(M-TEC)からFRP製のハードトップが発売される。無限商品開発課の古谷哲也氏は「もともとはホンダが直接手掛けたかったようだが、コスト面でうまく折り合いがつかない部分もあって、無限でやることになった」とした上で、「無限としても現在、まだ開発中で、8月には発売したい」と述べた。FRP製のハードトップはツヤ有りのブラック塗装仕上げになっており、標準装備のロールトップと交換して装着するようになる。価格は23万5000円で、古谷氏によると重量は「7~8kg程度になる見通し」だ。無限ではこのほか、デュアルタイプのデザインを施したスポーツサイレンサーを設定するとともに、フィニッシャー部分にはステンレス、カーボン、チタンの3タイプを用意した。S660の開発陣はエンジンや排気音にまでこだわって開発したと語っていたが、無限の古谷氏は「よりスポーティなサウンドに振るように商品化した」と語っていた。スポーツサイレンサーの価格はステンレスフィニッシャータイプが10万5840円、カーボンが17万640円、チタン14万9040円となっており、5月中旬から順次発売するという。

862418.jpg

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。