無限、『S660』用の各種パーツをリリース2015.03.30

title1.jpg
無限、『S660』用の各種パーツをリリース2015.03.30
2015年3月30日

新型「S660」無限パーツ発表

無限(株式会社M-TEC 代表取締役永長眞)(以下無限)は、この度、本田技研工業株式会社から発売される新型「S660」に対して各種パーツを開発・発表し、4月2日(木)より順次全国のHonda Carsおよび無限パーツ取扱店から発売いたします。

S660用無限パーツは『SUPER LITTLE SPORTS』をコンセプトに、S660にふさわしく走る楽しさを追求したエアロダイナミクス、パフォーマンス、ハンドリング、ブレーキングパーツを始めとし、近年の無限パーツラインナップにはないスポーツ系車種ならではの交換タイプの前後エアロフェンダーやハードトップ、エアロボンネット、エアロエンジンフードといった機能性の高いエアロパーツも設定した幅広いパーツラインナップとなっております。

また、機能系パーツでは、スポーツサイレンサーのフィニッシャーをステンレス、カーボン、チタンの3タイプをご用意し、お客様のニーズに合わせてお選びいただけるラインナップとしております。他にもスプリングレートアップと減衰力に独自のセッティングを施したスポーツサスペンション、ストリートからワインディング、ミニサーキットまで対応するブレーキローターやブレーキパッド、切削面とダークガンメタリック塗装の2トーン仕様がスポーティな印象を与えるアルミホイール「MD8」など、機能面でもオープンスポーツの魅力を最大限発揮できるパーツラインナップとなっております。

 インテリアパーツはスポーツマットやカーボンシフトノブのほか、ショートストローク化で素早い操作性に寄与するクイックシフターを設定。この他、無限レーシングエンジンの構成部品と同じようにマシニングマシンで切削加工を行うチタンエンブレムやナンバープレートボルトなど、無限ならではのデザイン・機能面でこだわりぬいたパーツラインナップとなっております。

http://as-web.jp/news/info.php?c_id=10&no=64206

スポンサーサイト

商品企画コンペから生まれた「S660」

スクリーンショット 2015-03-27 19.22.15
商品企画コンペから生まれた「S660」
本田技術研究所50周年の商品企画コンペで、当時、20代半ばの若手社員(モデラー)だった椋本陵さんが提案したのがホンダS660の原型だという。椋本さんの企画は見事採用され、そのまま開発責任者に任命された。20代の開発責任者……ちょっと聞いたことがない。会って話してみると、今っぽい、でも普通のメガネの青年だった。青年、いいクルマつくったね!
話題のモデルなのでいろいろな情報がすでに出回っており、関心のある人は先刻ご承知かもしれないが、おさらいも兼ねて正式なスペックを紹介したい。S660は軽自動車枠に収まるミッドシップの2シーターオープンスポーツだ。スチール製のモノコックボディで、パワートレーンはアルミ製のサブフレームに載っている。Nシリーズでおなじみの直3DOHCターボエンジンを乗員の背後に横置きし、6速MTかCVTを介して後輪を駆動する。サスペンションは前後ともストラット式の独立懸架。軽自動車としては異例の4輪ディスクブレーキが採用され、タイヤはフロント165/55R15、リア195/45R16の前後異径サイズで、触るとベトベトしそうなほどにスポーティーなアドバン・ネオバが装着されていた。S600


20150325-20102394-carview-001-1-view.jpg

20150325-20102394-carview-010-1-view.jpg


20150325-20102394-carview-011-1-view.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg






sg19_20090627155849s.jpg

この二人の共演はもちろんCGや合成だが、レースや車と深く関わりのあるホイヤーだから演出あるオープニングシーン、マックイーンを登場させることができた。McQ:「F1マシンは持ってきたか?」Hami:「もちろん。今日は良いショーになる」McQ:「小僧、これはショーじゃねぇ。良く聞け、レースだ!」なんてやり取りにも注目。




「ジャパンキャンピングカーショー2015」

832560.jpg

ホンダは、2月13日から16日まで幕張メッセにて開催される「ジャパンキャンピングカーショー2015」に、軽ピックアップトラックのコンセプトモデルなどを出展する。同社は「アウトドアだけじゃない、Hondaは可能性満載」をテーマとして、コンセプトモデルの軽ピックアップトラック「N-TRUCK」や、キャンピングトレーラー「N-CAMP」を含む5台の車両と、3機の汎用製品などを展示する。N-TRUCKは、『N-BOX』をベースに全長を50cmカットし、カスタマイズした軽ピックアップトラック。あえてスペースを引き去ることで得られる、新しい価値を提案する。N-CAMPは、N-TRUCK用のキャンピングトレーラーだ。室内には大人2人が十分過ごせるサイズの収納ロフトベッドを装備。インテリアは自由なアレンジを可能とした作りとし、使い方に合わせて自分仕様を楽しめる。このほか、『N-ONE』をベースとしたナチュラル志向のニーズに応えるコンセプトモデルを出展するほか、カジュアルアウトドアブランド「CHUMS(チャムス)」とのコラボレーションモデルの一体展示などを行う。

832559.jpg

2ef84f19.png

219313a2.png