HONDA S660 concept とうとう本気印のホンダ

HONDA20S66020concept20graph20left20front20600.jpg

HONDA S660 concept とうとう本気印のホンダによるオープントップ軽自動車の復活ですね。
バブルの時ではありましたが、日本の自動車会社が個性ある車をだしたことに喜びを感じた1990年代前半。ホンダビート、スズキカプチーノ、マツダAZ-1いずれもとても個性ある車はで心が躍りました。バブリーな車の一部でしたし個性がある車はそれなりにコストがかかるためでしょう、普通車が変えるような価格に買う勇気がでませんでした。 ダイハツコペンはそれらの車が消えていく中孤軍奮闘。2012年まで唯一軽として個性的な車としてがんばってくれました。そのコペンも今は販売されていません。やっと来年あたりから、ホンダ、ダイハツがオープンカーの再販を計画してるとは聞いていました。何度かコンセプトカーとしてきたこの車ですが、1964-1965年発売され、今でも車好きにはたまらないS600の再来という意図がありありのS660コンセプトとして、今年、東京モーターショー2013で紹介された、HONDA S660 conceptが展示された車が、市販される。


スポンサーサイト

hqdefault.jpg

フジテレビのF1中継のオープニングのCGを時系列にPCでつなげてみました。セナが­亡くなってから(?)CGは作成されなくなり、寂しいです。是非ハイビジョンでまた再­開して欲しいと思っています。速い車(F1カー)はなんといっても美しいし、CG技術­も素晴らしいですから。




iPhoneの画面から指一本で車を操作

ba264a1c.jpg

Valeo社が公開したデモ動画がこちら。車を降りて、おもむろにiPhoneを取り出す女性。画面に表示された車を指で動かしています。すると、それに合わせて車が動き始めました!ハンドルも自動で動いております。隣に駐車していた男性も呆然……。どうやら2011年に開催された国際モーターショーで公開された技術のようです。ドア場所での駐車などで役立ちそうですね。この機能が搭載された自動車が 一般に出回っているかは不明ですが、駐車が苦手な方はかなり嬉しいんじゃないでしょうか。未来的でカッコイイですしね。