スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ、S660コンセプトを東京モーターショーに出展・・・ビート後継モデル

20131023-s660.jpg
ホンダは、軽オープンスポーツモデル「Honda S660 CONCEPT」を東京モーターショー2013に出展する。S660コンセプトは、1991〜1996年に生産されたオープン2シーター“ビート”の後継といえるモデル。S660 CONCEPTは、ダイナミックな先進のスタイリング、ドライバーの空間を徹底的に追求したスーパーコックピットインテリアなどの斬新な試みを随所に施した次世代軽オープンスポーツモデルとなっている。 第43回東京モーターショー2013は、2013年11月22日(金)〜12月1日(日)まで(一般公開は11月23日から)東京ビッグサイトで開催される

20131023-s660_02.jpg


20131023-s660_01.jpg


20131023-s660_03.jpg


スポンサーサイト

ホンダNSXでやかんの湯を沸かす 。

2014-nsx-concept-gt-water-boiling.jpg
新型レースカー、NSX CONCEPT GTがエンジンをふかすと、その排熱がケーブルを伝わりやかんのお湯が沸騰。ホンダの家庭用エネルギーシステムのPR映像ですが、これぞ世界一カッコいいお湯の沸かし方?
500hpのハイブリッドレーシングカー、ホンダ「NSX CONCEPT GT」。同車はサーキットでの活躍が期待されるマシンだが、何とお湯を沸かす装置にもなってしまうようだ。今回は、そんなNSX CONCEPT GTを用いたホンダの独創性溢れるビデオをご紹介しよう。用意されたのは、NSX CONCEPT GTとたくさんのやかん、長いケーブル。NSXのエンジンがかかると、その排熱がケーブルを伝わり、やかんのお湯が沸騰するという仕組みだ。エンジンの熱 をお湯の沸騰に利用する、つまり、エネルギーを有効利用するコージェネレーションシステムの仕組みを表しているというわけだ。以前ご紹介した、ホンダの65周年を記念して制作されたビデオを彷彿とさせるこのビデオ。ぜひともNSXのエンジン音を堪能しながらご覧いただきたい。




時速200キロで作るパラパラ漫画【動画】

Forza5_01-618x386.jpg
こんな手法があったのか! とちょっと感動してしまいました。Xbox用ソフト「Forza Motrosport 5」のプロモーション用動画なのですが、マクラーレンMP4 12Cのエンジンの上に、なにやらゴツい機械が装着されています。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンに搭載されていた次元転移装置とも またちがうようです。そしてそのマクラーレンMP4 12Cがサーキットを疾走するのですが、エンジンの上の装置はムービーカメラでした。なにを撮影しているのかといえば、コースサイドに並べられたパネルです。そのパネルには、「Forza Motrosport 5」からキャプチャーした画像がプリントされています。そして、時速120マイル(193km/h)で走行しながらムービー撮影すると、それがきれいにア ニメーション(パラパラ漫画?)として見ることができるようになっているのです! いやー、まわりの景色は高速で流れていきながら、その中でアニメーショ ンが動くという新鮮さ。もちろんCGなどではなく、実写です。CGがすごく発達した現代だからこそ、こういうユニークな実写の技法は魅力的に見えますね。 静かな音楽ともあいまって素敵な映像になっています。Forza5_02.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。