スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13

545908.jpg
ホンダのブースでは、最新の『NSXコンセプト』が欧州プレミアを飾っている。最新のNSXコンセプトは2013年1月、米国デトロイトモーターショー13で初公開。1年前のデトロイトモーターショー12でワールドプレミアされた同 車が、市販に向けて、バンパーやアルミホイールといった外装デザインの一部を変更するなど、確実な進化を遂げたのが特徴だった。そのハイライトは、インテリアの初披露。最新のNSXコンセプトは、ブラック系とレッド系を組み合わせたツートン内装を採用。操作系は、シンプルで使いや すいデザインで、ドライバーを高揚させる人車一体感覚のインテリアを、ホンダは「ヒューマン・サポート・コクピット」と話す。ホンダは今回、ジュネーブモーターショー13において、最新のNSXコンセプトを欧州プレミア。デトロイトではアキュラのバッジを付けていたが、ジュネー ブでは、ホンダのエンブレムに取り換えられた。これは欧州市場には、アキュラブランドではなく、ホンダブランドから発売されるためだ。NSXコンセプトは3年以内に市販に移される予定。すでに新世代のハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載することが決定している。


スポンサーサイト

伊フェラーリが初ハイブリッド

0130306at42_p.jpg























伊フェラーリが初ハイブリッド=超高級車にもエコの波
イタリアの高級車メーカー、フェラーリが市販モデル初のハイブリッド車として公開した「ラ・フェラーリ」=5日、スイス・ジュネーブの国際展示場【ジュネーブ時事】イタリアの高級車メーカー、フェラーリは5日、新型のハイブリッド車(HV)「ラ・フェラーリ」を発表した。市販モデルでのHVは同社初。エコとは無縁という印象が強い超高級スポーツカーにも環境技術が波及してきた。ラ・フェラーリは、レースカーの技術を盛り込んだエンジンに電気モーターを組み合わせ、停止時から時速100キロまで3秒以内で到達。二酸化炭素(CO2)の排出も抑えたという。価格は税抜きで120万ユーロ(約1億4500万円)で、449台の限定販売。すでに700台を超える注文予約が入っており、モンテゼモロ会長は「予約分を選別しなければならないのはつらい」と話した。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。