スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダCR-Z

p2のコピー
力強い走り実現「PLUS SPORT システム」新たな装備を追加したホンダCR-Z(関連動画へ)モーターとエンジンを一体化しコンパクトに収められたエンジンルームフロントグリルにはハニカムメッシュを採用したリアディフューザーの形状を変更し、精かんさを増した後部ホンダは、スポーツタイプのハイブリッド車「CR-Z(シー・アール・ジー)」に新たな装備を加え、28日から発売を開始する。CR-Zの運転席。ステアリングの右下には、PLUS SPORTボタンがあるPLUS SPORTボタン(中央、Sと+をアレンジした)追い越し時に一気に加速して、力強い走りを可能にする「PLUS SPORT(プラス スポーツ)システム」を全車に装備した。エンジンとモーターの出力を瞬間的に最大化させることで、V6・3リッターエンジン並みの加速感を得られる。搭載している1.5リッターのI-VTECエンジンに磨きをかけ、高回転域での出力とトルクを高めた。エンジン最高出力は、20120926-557716-1-L.jpg無段変速オートマチック(CVT)車で113馬力から118馬力に向上した。リチウムイオン電池を初搭載また、ニッケル水素電池にかえて、エネルギー効率にすぐれたリチウムイオン電池を採用した。これは、同社が国内で販売するハイブリッドカー(CVT車)で初となる。電池の変更によりモーターの最高出力は、14馬力から20馬力に向上した。同電池には、回生エネルギーの充電効率や持久性が高いといった利点もあるという。外観では、フロントグリルに黒つや塗装のハニカムメッシュを採用、後部サイレンサーにも黒塗装を施した。また、リアディフューザーを抑揚の強い形状にするとともに、前方のLEDポジションランプを両眼8灯から16灯に変更した。走りと快適性を追求した新グレードV字スポークをあわせた17インチアルミホイール足腰を安定させて快適な運転を実現するシート今回、新たなグレードとして「aMasterrladellアルファ マスター ラベル)」を設定、タイヤを16インチから17インチに変更して走りの応答性を高めた。快適性を確保するため、サスペンションも見直しを行った。新グレードのシートには、合成皮革とファブリック素材を使用した。ドライバーをゆったりと、かつしっかりと包み込む構造にすることで、日常の街乗りでも長距離ドライブでも快適な運転を実現した。ラバー素材をはめ込んだメタル製のペダルを採用し、足元の操作性を高めた。グレードはアルファ(α)とベータ(β)、新グレードの3種類。各グレードに、CVTと6速マニュアル(6MT)が設定されている。
スポンサーサイト

CR-X→CR-Zの未来型としても注目

19_l.jpg

ホンダが提案する次世代ライトウエイトスポーツ。今年2月のジュネーブショーで世界初公開された「スモール ハイブリッド スポーツ」の進化版と見られ、現在では生産終了している「CR-X」の未来型としても注目だ。パワーユニットは、モーターがエンジンを補助するシンプルな機構のパラレル・ハイブリッド。低回転・高回転・気筒中止の3段階でバルブ制御する3ステージ i-VTECと、IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)の組み合わせで、トルクフルな走りと低燃費を両立する。LEDが発光する近未来的なインテリアは、さながらスターシップのよう。そのほか、外部カメラを内蔵した超小型のサイドミラーといった先進技術も搭載される。

スクリーンショット(2012-09-27 18.02.28)

タグ・ホイヤーは創業150周年を記念

do_ism100803_03.jpg

スイスのウオッチメーカー、タグ・ホイヤーは創業150周年を記念して、電気自動車界のスーパーカーといわれるテスラ・ロードスターとのコラボ レーションを実現。「先駆者たちの冒険旅行/The Odyssey of Pioneers」と題して、世界各国を巡るワールドエキシビジョンを15都市で開催。先日、東京・六本木の東京ミッドタウンでも開催され、レセプション には本社CEOや、名誉会長のジャック・ホイヤー氏、またゲスト・アンバサダーの杏さんも参加した。「先駆者たちの冒険旅行/The Odyssey of Pioneers」は、タグ・ホイヤーの本拠地であるスイスを皮切りに、モナコ、ミラノ、ブダペスト、ワルシャワ、モスクワ、デリー、北京、上海、東京、 ロサンゼルス、マイアミ、ニューヨーク、ロンドン、パリを巡廻する大規模なエキシビション。do_ism100803_02.jpg 世界一周走行は延べ3万7000キロになるという。歴史を語る アーカイブウオッチや、コンセプトモデルを含む新作時計のエキシビションのほか、テスラ・モーターズとのコラボレーションによる、タグ・ホイヤー テスラ・ロードスターも展示された。タグ・ホイヤー テスラ・ロードスタータグ・ホイヤーの歴史を振り返れば、モータースポーツとの関わりは、常に時計の進化を促してきた。スポーツカー用ダッシュボードクロノグラフの開 発、1/10秒、1/100秒、1/1000秒そして1/10000秒の計時技術の開発などはまさに、モータースポーツへの情熱から発展して生まれたもの だ。またF1チームのスポンサーやレーサーとのパートナーシップなど、さまざまな活動も行ってきた。2010年、テスラ・モーターズとのパートナーシップが結ばれたことは、タグ・ホイヤーの未来への挑戦でもある。「タグ・ホイヤーもテスラ・モーターズも、継続的な発展の原理を信じ、ラグジュアリーはもはや環境を犠牲にして実現するものではないと認識しています」テスラCEOのイーロン・マスク氏がコメントするように、ラグジュアリーブランドとしての次世代の使命は、持続可能な社会への貢献でもある。今回披露されたテスラ・ロードスターは、内装に特別な仕掛けが施されている。テスラのチーフデザイナー、フランツ・フォン・ホルツハウゼンが手掛け たデザインには、タグ・ホイヤーのアバンギャルドなデザイン要素が盛り込まれ、バーゼルで披露されたコンセプトウォッチを収めるリムーバブルコンソールを 装備。do_ism100803_05.jpg
また1/5秒まで計測する限定モデルのストップウオッチも搭載されている。エキシビジョンの注目の的となったのは、コンセプトウオッチ「ペンデュラム」だ。世界初のヘアスプリングを使用しない機械式ムーブメントを搭載し たモデル。機械式時計には欠かせないヘアスプリングの代わりに、磁石を利用した“目に見えない”仮想スプリングを使うことによって、究極の精度を極めると いうもの。「この小さななかに、時間を刻む宇宙が入っているかのようですね。驚きです。でも150年間誰も生み出すことのできなかったアイデアを、見つけ出す原動力はどこからやってくるのでしょう?」ゲスト・アンバサダーの杏さんが尋ねると、タグ・ホイヤーCEOジャン・クリストフ・ババン氏は答えた。「それは人間の心臓を開発するような、緻密さと忍耐が求められる試練です。でも私たちはそれを乗り越えなければならない乗り越えられると信じて革新を続けてきたのです。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。