Beat 防眩ブルールームミラーレンズ

DSCN2107.jpg
仕事が遅くなり深夜の走行、MyBeatのエンジンサウンドが疲れた躰を癒してくれる、気持ちよく、高速を5000回転程度で走っていると、後方からヘッドライトをハイビームで、常識のない4WDが近づいてくるBeatはノーマルでも車高がかなり低く車内のルームミラーには後方からの4WDハイビームが車内をライトの光で真っ白になりルームミラーに眩しく反射し、目に直接光があたる全く前方が見えなくなる、おまけに、サイドミラーからも眩しい光が反射し一瞬、ハットする、だいたいこんな状態はBeat乗りであれば、経験して困っているでしょう。そんあ時に必要なアイテムを見つけました。純正ミラー面の微妙な3次元曲面に沿うように製作しているので、ぴったりと適合します。製品は純正ルームミラーレンズに両面テープで貼るだけで簡単に装着できる防眩ブルーミラーレンズです。先に発売して効果を発揮している防眩ブルードアミラーレンズセットと同様、機能性とドレスアップ効果の高いパーツです。ドアミラー用ブルーレンズよりは若干ブルーの濃度を薄くしてあります。
mira12.gif
スポンサーサイト

Beat NEW SR SPECIAL

Nss1.jpg
私のビートは、25万Kを走行しています、乗り方にもよりますが。新車購入から一度も足回りサスペンションの交換はしていません。車検の際にタイヤ交換を行い、サスペンションのアライメントを行う状態です、ま~そろそろサスペンションをカヤバSRに交換をしようかなと考えていますが、購入金額のこともありますが、気になるのは、クルマの特性が分かるショップで装着とサスペンションセッティングをキッチリと行ってくれる専門店で考えています。サスペンションは『NEW SR SPECIAL』を購入する予定です、カヤバSRの製品内容の説明が理想的な、説明だったので、私のクルマ生活にはバッチリな考えでした、先ずは、カヤバSRをビートに装着をした、事のある人達の状況をネットサイトで、検索を行い、研究してみます。
Nss-2ogo.jpgNEW SR SPECIALは、従来のスポーツショックにありがちな 不快なゴツゴツ感を可能な限り押さえたうえで、走安性を高めます。設定車種も国内NO.1、満足感も100%です。快適な乗り心地と驚くほどの走安性が高次元で両立したショックアブソーバです。減衰力特性純正を100%とした場合「NEW SR SPECIAL」は伸び側125%/縮み側115%※上記はあくまでも「目安」です。実際には実車テストによりベスト減衰力を車種ごとに設定しています。