スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beat:OILキャッチタンク



高速道路での走行が多いので、熱対策とブローバイガスのバランスを考え、オイルキャッチタンクの装着を考えています。ビートスペシャルショップノRSマッハ製のオイルキャッチタンクが、少し価格は高いモノですが、なかなか良いクオリティーです。また製作のプロセスが気になるところ、走行距離が多いビートはブローバイガスも多くなっていますので、スロットル周りが汚れやすくアイドリング不調等の原因となります。アルミ製の為軽量でアルマイト仕上げを施していますので、腐食にも強くしています。競技からストリートまで使用でき、車体側無改造のボルトオンで装着可能です。装着後もスペースを有効活用できるように、コストをかけて薄型のBOX構造を採用しています。プローバイガスは大気解放させますと車検には合格しませんので、ホースのつなぎ方の選択でブローバイガスを還元させることも可能です。との内容がなかなかいい感じです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。