スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボンAピラー取付専用メーターカバー

21080710003630.jpg
ホンダビート・Aピラー取付専用のメーターカバーです。本体取り付けは両面テープで取り付けます。メーターの径は52Φ 油温計オートゲージ製52Φです。カーボンは平織りウエットカーボンを使用しています。最終バフ仕上げで光沢は抜群です。軽量かつ強度もあります。形状上どうしてもカーボンの継ぎ目が出てしまいますが、気にはならない程度だと思います。水冷式オイルクーラーに、1/8の穴が合ったので、アダプタを取り付け油温計をつけてしまいました。実際には、水冷式オイルクーラーのお陰で、街乗りではたまにしか針が上がってきません(笑1時間のアイドリングで、90度まで上がりました。50℃からの表示なので、暖気時にはあんまり動かないですね。
スポンサーサイト

水冷式のオイルクーラー

p1-2_20080827162219.jpg
ストリート&サーキット走行で余りに油温がきついのでやっと導入しました。写真では見えにくいですが、水冷式のオイルクーラーです。ホンダの純正部品を流用したキットのようですの安心です。夏場でも油温は安定しています。以前は夏場に高速道路を走っていると油温が130度に達していました。この水冷式にするか迷いましたが、高速も含めて市内は渋滞が多いので、水冷式にしました。効果は、以前より10度ほど下がりました。この季節ですが、高速道路を100kmで長距離移動しても5000回転で1時間程巡航して、水温90度、油温100度を越えません。トータルで考えてもコストパフォーマンスも高いと思います。ある程度は油温を下げられます。エアコンをOFFにてヒータースイッチをONにします、MAX10度程度油温が下がっています、夏場の高速走行では簡単に油温が危険値まで上昇してしまうビートには、ある意味マストアイテムと言えると思います。

水冷
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。