FC2ブログ

ホンダS1000」は、「S660」のボディを拡大、パフォーマンスを向上させグローバルモデル

ホンダが『ビート』以来、19年振りに発売した軽自動車規格の『S660』。を基本として昔のホンダが行ってきた、S600やS800を提案してきたスタイルの様に、『S1000』を登場さす様です。

S1000-.jpg



さて、『S1000』に関するレポートが、欧州からレンダリングスケッチと共に入ってきました。「S1000」は、「S660」のボディを拡大、パフォーマンスを向上させグローバルモデルとして販売するモデルとなりますが、そのボディサイズやパワートレインは気になる所です。
エクステリアデザインは「S660」の意匠を継承する可能性が高く、ボディサイズは全長3500mm×全幅1590nn×全高1190mmという情報です。パワートレインには、新開発の1リットル直噴3気筒VTECターボを搭載、最高馬力は「S660」の倍、128psを発揮するといい、6速MTも勿論ラインナップされる可能性が高いようです。ワールドプレミアは2017年内、日本発売の可能性もあり、予想価格は300万円以内に収まりそうです。

Honda-S660_Concept-2013-1280-03-20160622132720.jpg


スポンサーサイト

ZIPSPEED製のフィアット改ホンダ1600

p1_20140824120243403.jpg

その筋では有名な、ZIPSPEED製のフィアット改ホンダ1600です。実際、カワイイなりして異様な速さで、箱根あたりではノーマルのユーノスとは対等に走ります。とても気持ち悪がられていて痛快です。(参考までに、外装のみが500で、オリジナルの堅固なフレームにホンダZCエンジンをミッドに積み足回りブレーキ等もhondaCRXを流用した、オリジナル設計/制作の本格的なスペシャルカーで約20台ほど生産されています。その性格ゆえ仕様は沢山あり、ダブルウィッシュボンやV-TEC搭載の危ない?!のやエアコンつきの快適なのがあったりします。ZIPSPEEDさんの発想と技術力には脱帽です!)

※写真のように、リアハッチを開けると、本来エンジンのあるところに補強バーが。奥に見えるのが、リアシートをつぶしてミッドシップ化して積まれたホンダZCエンジン&ソレックスキャブです。型式フィアット500改1600


Adobe Presenter Video Exprss