FC2ブログ

ポジションランプ交換 - BEAT専用工具

ポジションランプ交換 - BEAT専用工具

IMG_1167ナンバー無し


車幅灯が左側のポジションランプが切れてましたので、作業性もあり左右のポジションランプを交換を行います。車幅灯もピンからキリまでですね。当然純正のポジションランプをセレクト1個231円でしたが、調べると1000円以上ものからLEDの3000円近いものまで様々です。しかしLEDの製品は5000円近い金額の物でなければ明るさが足りなくて、車検には、通らない状態になります。ネットなどで販売していますが注意が必要です。最近はLEDでホワイトテイスなポジションランプとテールランプ等、ビートの様な少し古い車でも装備していますが、バッテリに負担がかかり、バッテリーの故障につながります。電気系には、注意する必要があります、

ビートの車幅灯は構造上、非常に交換しづらいです。そこでこの専用工具があると簡単に交換出来ます。

20130323_positionlamp03.jpg



車幅灯の交換はタイヤハウスの中から行います。タイヤハウスの中にある丸いキャップを外します。キャップを外した穴からヘッドライトの裏側にアクセス出来ます。
20130323_positionlamp06.jpg


「車幅灯の電球脱着用工具」の写真に写っている方を使います。

20130323_positionlamp07.jpg  


「車幅灯の電球脱着用工具」を穴から突っ込みます。

20130323_positionlamp09.jpg

車幅灯のカプラーを「車幅灯の電球脱着用工具」で挟むように装着します。左にひねるとソケットが外れます。
そのまま引き抜きます。タイヤハウスまで引き抜き、電球を交換して逆の手順で元に戻せば交換完了です。なお、電球はなるべく素手で触らない方がいい様です。ところで、今回使った「車幅灯の電球脱着用工具」の車幅灯交換で使ったのとは反対の部分は何に使うのでしょう?謎です。
20130323_positionlamp02.jpg



スポンサーサイト

新車以上のBEAT

45645848_1996209500471887_1475258671322628096_n.jpg
新車以上のBEAT
完璧な車を作ると言うことは完璧なドライビングから走れないメカニックから良い車が出来る訳が無いって知ってました?
ドライバーが何を感じて車を運転してるのか?速い車と速く感じる車とあるけど人間の感覚ってもんは曖昧なもんで…速く感じさせるだけで満足感を得る人も多いいくら車が良くなっても運転の未熟さで車をダメにする事も多いファクトリーに通う人達は何気なくその人達の運転に見合ったセッティングを施してから運転の癖を取り除いてから本来のセッティングに戻してるので気付く人も少ないだろうが…レクチャーを受けて上達する人もいるし…プロドライバーが運転して感動出来る車を作ること……それはプロドライバーの運転を超える事なんです…単に速さだけでなく…感性を研ぎ澄ます事が大事だったり…

ハンドルと足回りのリフレッシュリファイン。

HONDAビート25年。
ge.jpg

日常の足として乗っているので、ボディー剛性もちょこちょこメンテナンスを行いながら空気圧やサスペンションの調整等。
定番のストラットターワーバーは、購入と同時に前後に装着、以前から走行路のバランスには少し気になるだけであったのは、
新車路にストラットターワーバーを装着をしたからだと思う。しかしビートもヴィンテージモデルになる。よってハンドルと足回り
の「リフレッシュリファイン」と思い。タイアの空気圧と「サスペンションの角度」キャンパー」調整行いこの機会に純正のハンドルから、「MOMO ハンドルステアリング チューナー35Φ」と「ボス」「スペーサー20mm」が必要となり、ボスだけであれば、ハンドルを握った時にウインカーとハンドルのスキマが少なくて短くなるので、指でウインカーやワイパー等のレバーが指にあたりコントロールを行う動作がにぶくなるので、ハンドルとボスの間にスペーンサー20mmの厚さの物をはさむパーツを採用。純正ハンドル37Φにくらべ「MOMO ハンドル35Φ」なので、真ん中のタコメーターが見えなくなるためスペンサーが楕円形に設計していて「MOMO ハンドル35Φ」をつけた時には、純正同様の位置に装着ができる状態となる様に設計している。尚、同時にトーイン調整等を行った。

ge2.jpg

最近は、高速道路での走りについて、ビートが速度を上げるとフロントの危うさを感じる、もしかして床下に流入する走行風の抵抗によりボディのふらつきが、おきていると判明した。対策としてフロントにスポイラーをと思ったが、いまさらながらやはり純正のスタイルを崩す事なく有効なパーツがないかと考え、アンダーンダーフロアスポイラーとフロントにロアアームバーを同時に、フロア下に取り付けた。床下に流入する走行風を整流することでボディの中心部にエア圧の低下部分をつくり、ダウンフォースを発生させる事で、高速になるほど安定性を増して、コーナーでのトラクションコントロール性が向上する、よってビート特有のフロント接地感の希薄さを改善、雨のドライブでもダウンフォースの安定して、ブレーキング時もダウンフォースが姿勢をサポートしてくれた。よって、同時にアンダーンダーフロアスポイラーとフロントにロアアームバーを装着した事で抜群の安定感を獲る事が正解であった。

ge1_2_20180616135305991.jpg




ナルシスト動画、フェラーリのDNAがシンプルに表現されている。

ナルシスト動画、フェラーリのDNAがシンプルに表現されている。やはり、伝統と歴史の厚みが、より、リアルに簡単にコンテンツを引き出して、サラット使いこなす環境にあることが、とても羨ましい。



世界に1台のフェラーリがオークションで10億7700万円!フェラーリの70周年を記念したイベントで、特別な内外装で仕立てられた
ラ・フェラーリ・アペルタが記録的な価格で落札された。これがスーパースポーツカーをめぐる最新ニュースだ。