ペーパークラフトのワークショップ

garage-tools-2.jpg
8月4、5日(金、土)に代官山 蔦屋書店さんが夏祭りを開催! 期間中は花火をはじめ様々なイベントがあるそうですが、その中でクルマ・バイクフロアでは、。ペーパークラフトのワークショップを予定しているそうです! 詳しくは下記リンクで......というか、このS600の写真があまりに楽しそうなので思わずシェアです(笑)。
スポンサーサイト

ホンダファン必見】京商から1/64スケール「ホンダNSX&S660ミニカーコレクション」が登場

b38bc455c6499ae412afe1b876e8fd39-680x680.jpg

必ず2車種3バリエーション入っているお得なシリーズ1/12スケールから1/150スケールまでのミニチュアカーを手掛ける京商から「1/64スケール ホンダNSX&S660ミニカーコレクション」が2017年7月に発売予定だ。現在先行予約が行われている。価格は6台セットで9720円。これは2015年にホンダ・ビートの再来と言われたS660と、2016年に3モーターハイブリッドなど最新技術を凝縮したホンダNSXを1/64スケールで再現したミニカーセットだ。
7e1a78c23a345acdaed1b3e5f30875d2-680x680.jpg

実車の取材はもちろんのこと、3Dスキャンにより、京商のクオリティで細部にわたり精密に再現した2台はファン必見といえる。バリエーションは全部で3種類。S660×3カラー(ホワイト・レッド・イエロー)とNSX×3カラー(レッド・ブラック・ブルー)の6台セット。このほか、S660ブルーカラー×6台BOXセット(価格:1万1340円)が、GOOD SMILE ONLINE SHOP限定で販売される。また、NSXシルバーカラー×6台BOXセット(価格:1万1340円)はローチケHMVオンラインショップで購入することができる。【商品情報】・商品名: KYOSHO 1/64 ホンダNSX&S660ミニカーコレクション・ラインナップ: NSX×3カラー(レッド・ブラック・ブルー)S660×3カラー(ホワイト・レッド・イエロー)・価格: 1,500円(税別)/個6個入りBOX 9,000円(税別)

57f9f469694791e9b04be276ea80b61a-680x680.jpg

(GOOD SMILE ONLINE SHOPで購入する場合、会員登録が必要)・発売予定: 2017年7月・仕様: 〇 素材 …亜鉛合金製ボディ、ABS樹脂製シャシー、PVC製タイヤ〇 サイズ…1/64スケールディスプレイベース全長…約90mm・発売元: 京商株式会社・プロデュース: 株式会社ジュウロクホウイ【詳しくはこちら】KYOSHO Collection

「東京オートサロン」です!

クルマ好きにとって新年最初の一大イベント!?「東京オートサロン2017」が、今週末1/13(金)〜1/15(日)に千葉県の幕張メッセで開催されます!
S6002017-01-12 21.04.20のコピー

先日ご紹介した、ちょっと渋めの「S660 Bruno Leather Edition」のほか、二輪・四輪の多彩なモデルがHondaブース内に大集合。Honda公式ウェアやグッズの販売コーナーもご用意しています。皆さま、ぜひ足をお運びください!Hondaブースの出展内容はこちらからどうぞなお、13日(金)にはHondaブースから、いち早くS660のカスタマイズモデルの展示の様子をお届けする予定です。どうぞお楽しみに!

間違いなく楽しい! beat.jpg

Honda Beat室内
NSXと同様のミッドシップエンジン・後輪駆動という配置・ドライブトレインを採用したこと、ほぼ同時期の開発・発売であることなどから相似が取り上げられることもある。実際には開発チームが異なり双方の人的交流も存在しなかったが、ルームミラーは開発陣が意図してNSXと全く同じものを装備していた。なお、当時の運輸省の反発を避ける意味合いから“スポーツ”とは名乗らずに、公式には「ミッドシップ・アミューズメント」と冠している。量産車として世界初のミッドシップでフルオープンモノコックボディ[1]を採用し、公式にアナウンスはされていないものの、ピニンファリーナの元デザイナーであるエンリコ・フミアは、チェコスロバキア人デザイナーのパーヴェル・ハセックが担当したと語っている[2]。サスペンションは四輪独立懸架のストラット式で、軽自動車としては初めての四輪ディスクブレーキ、SRSエアバッグ、サイドインパクトビーム、駆動方式がMRであることから前13インチ・後14インチの前後異型タイヤが装備された。後輪ブレーキディスクは当時のプレリュードのものが流用され、パワーステアリングは装備されておらず、ハンドル回転時の遊びも少ない。日本車の中でも特に低く設定された1,175mmの全高のため室内は狭いが、センターコンソールを助手席側に約2cm寄せて、運転席を助手席よりも広く設定した。トランク容量も極めて小さく、純正オプションとしてトランクリッドに取り付けるキャリアが用意されていた。オプション品のカーオーディオは車速に応じて音量を調整する「スカイサウンドシステム」を装備したが、センターコンソールの幅の狭さから、一般的なDINに対応したオーディオの装着には社外品のアダプターなどを要した。
車両中央に横置きされるE07Aエンジンは、自然吸気(NA)だが独立3連スロットルと燃料噴射制御マップ切換方式を組み合わせた吸気システム「MTREC」(Multi Throttle Responsive Engine Control) により、自然吸気の軽自動車としては唯一自主規制に達する64PSを8,100rpmで発生する。レッドゾーンは8,500rpmと高回転型に設定されている。組み合わせられるのは5速MTのみで、ATは設定されていない。1991年8月5日に死去した本田宗一郎も、同年5月15日の発表会に出席しており、本田が最後に見送った4輪車となった。
2010年5月9日には、ツインリンクもてぎで開催されたオーナーミーティングのオーバルコースにおいて行われたパレードランに569台が参加。これはホンダの同一車種による世界最大のパレードランとなり、ギネス記録に認定された。 SOHCゆえに動力性能は高くないが、レッドゾーンまで回るエンジン特性が評価され、若年層を中心に現在でも人気がある。