BMW・イセッタ(BMW Isetta)

BMW・イセッタ(BMW Isetta)とは、イタリアのイソ社のイソ・イセッタを、ドイツ
のBMW社がライセンス生産した車。生産台数としては本家よりこちらのほうが多いため、ライセンシであることが認識されていないことも多いほどである。
1280px-BMW-Isetta_2009.jpg
1955年BMWの二輪車R-25の245ccエンジンを搭載しイセッタ250を発売。1955年12月に298ccに排気量を拡大し、イセッタ300にモデルチェンジ。それまでの後輪軸が前輪に比べて極端に短い4輪車に加え、主に英国向けの3輪車仕様が追加された。1957年には全体を大型化し、通常の4輪配置となった582ccのBMW・600を発売し、モデル全体で約16万台を販売した。





スポンサーサイト

ホンダS1000」は、「S660」のボディを拡大、パフォーマンスを向上させグローバルモデル

ホンダが『ビート』以来、19年振りに発売した軽自動車規格の『S660』。を基本として昔のホンダが行ってきた、S600やS800を提案してきたスタイルの様に、『S1000』を登場さす様です。

S1000-.jpg



さて、『S1000』に関するレポートが、欧州からレンダリングスケッチと共に入ってきました。「S1000」は、「S660」のボディを拡大、パフォーマンスを向上させグローバルモデルとして販売するモデルとなりますが、そのボディサイズやパワートレインは気になる所です。
エクステリアデザインは「S660」の意匠を継承する可能性が高く、ボディサイズは全長3500mm×全幅1590nn×全高1190mmという情報です。パワートレインには、新開発の1リットル直噴3気筒VTECターボを搭載、最高馬力は「S660」の倍、128psを発揮するといい、6速MTも勿論ラインナップされる可能性が高いようです。ワールドプレミアは2017年内、日本発売の可能性もあり、予想価格は300万円以内に収まりそうです。

Honda-S660_Concept-2013-1280-03-20160622132720.jpg


BEATオーナー様へ!補修部品の一部再販開始

\BEATオーナー様へ!補修部品の一部再販開始/
1998年に惜しまれつつも生産を終了したHondaのオープン2シーター「BEAT(ビート)」。そんなBEATをいまなお愛してくださっているオーナー様向けに、Honda純正補修部品を一部再販開始します!http://spr.ly/61808vKuC
まずはスチールホイール、ヒーター用モーター、運転席側シートベルト、ライセンスライト用レンズ等の5部品から。再販部品のお求めについては、お近くのHonda Carsにご相談ください。
他の部品も準備ができ次第、順次専用ホームページに掲載していく予定です。 随時チェックいただければと思います♪
スクリーンショット 2017-08-10 18.18.01
▼専用ホームページ

スクリーンショット 2017-08-10 18.18.48


これからもぜひ、BEATライフをお楽しみください^^
img_02.jpgimg_03.jpgimg_04.jpgimg_05.jpg




ペーパークラフトのワークショップ

garage-tools-2.jpg
8月4、5日(金、土)に代官山 蔦屋書店さんが夏祭りを開催! 期間中は花火をはじめ様々なイベントがあるそうですが、その中でクルマ・バイクフロアでは、。ペーパークラフトのワークショップを予定しているそうです! 詳しくは下記リンクで......というか、このS600の写真があまりに楽しそうなので思わずシェアです(笑)。