FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドルと足回りのリフレッシュリファイン。

HONDAビート25年。
ge.jpg

日常の足として乗っているので、ボディー剛性もちょこちょこメンテナンスを行いながら空気圧やサスペンションの調整等。
定番のストラットターワーバーは、購入と同時に前後に装着、以前から走行路のバランスには少し気になるだけであったのは、
新車路にストラットターワーバーを装着をしたからだと思う。しかしビートもヴィンテージモデルになる。よってハンドルと足回り
の「リフレッシュリファイン」と思い。タイアの空気圧と「サスペンションの角度」キャンパー」調整行いこの機会に純正のハンドルから、「MOMO ハンドルステアリング チューナー35Φ」と「ボス」「スペーサー20mm」が必要となり、ボスだけであれば、ハンドルを握った時にウインカーとハンドルのスキマが少なくて短くなるので、指でウインカーやワイパー等のレバーが指にあたりコントロールを行う動作がにぶくなるので、ハンドルとボスの間にスペーンサー20mmの厚さの物をはさむパーツを採用。純正ハンドル37Φにくらべ「MOMO ハンドル35Φ」なので、真ん中のタコメーターが見えなくなるためスペンサーが楕円形に設計していて「MOMO ハンドル35Φ」をつけた時には、純正同様の位置に装着ができる状態となる様に設計している。尚、同時にトーイン調整等を行った。

ge2.jpg

最近は、高速道路での走りについて、ビートが速度を上げるとフロントの危うさを感じる、もしかして床下に流入する走行風の抵抗によりボディのふらつきが、おきていると判明した。対策としてフロントにスポイラーをと思ったが、いまさらながらやはり純正のスタイルを崩す事なく有効なパーツがないかと考え、アンダーンダーフロアスポイラーとフロントにロアアームバーを同時に、フロア下に取り付けた。床下に流入する走行風を整流することでボディの中心部にエア圧の低下部分をつくり、ダウンフォースを発生させる事で、高速になるほど安定性を増して、コーナーでのトラクションコントロール性が向上する、よってビート特有のフロント接地感の希薄さを改善、雨のドライブでもダウンフォースの安定して、ブレーキング時もダウンフォースが姿勢をサポートしてくれた。よって、同時にアンダーンダーフロアスポイラーとフロントにロアアームバーを装着した事で抜群の安定感を獲る事が正解であった。

ge1_2_20180616135305991.jpg




スポンサーサイト

ナルシスト動画、フェラーリのDNAがシンプルに表現されている。

ナルシスト動画、フェラーリのDNAがシンプルに表現されている。やはり、伝統と歴史の厚みが、より、リアルに簡単にコンテンツを引き出して、サラット使いこなす環境にあることが、とても羨ましい。



世界に1台のフェラーリがオークションで10億7700万円!フェラーリの70周年を記念したイベントで、特別な内外装で仕立てられた
ラ・フェラーリ・アペルタが記録的な価格で落札された。これがスーパースポーツカーをめぐる最新ニュースだ。

BMW・イセッタ(BMW Isetta)

BMW・イセッタ(BMW Isetta)とは、イタリアのイソ社のイソ・イセッタを、ドイツ
のBMW社がライセンス生産した車。生産台数としては本家よりこちらのほうが多いため、ライセンシであることが認識されていないことも多いほどである。
1280px-BMW-Isetta_2009.jpg
1955年BMWの二輪車R-25の245ccエンジンを搭載しイセッタ250を発売。1955年12月に298ccに排気量を拡大し、イセッタ300にモデルチェンジ。それまでの後輪軸が前輪に比べて極端に短い4輪車に加え、主に英国向けの3輪車仕様が追加された。1957年には全体を大型化し、通常の4輪配置となった582ccのBMW・600を発売し、モデル全体で約16万台を販売した。





ホンダS1000」は、「S660」のボディを拡大、パフォーマンスを向上させグローバルモデル

ホンダが『ビート』以来、19年振りに発売した軽自動車規格の『S660』。を基本として昔のホンダが行ってきた、S600やS800を提案してきたスタイルの様に、『S1000』を登場さす様です。

S1000-.jpg



さて、『S1000』に関するレポートが、欧州からレンダリングスケッチと共に入ってきました。「S1000」は、「S660」のボディを拡大、パフォーマンスを向上させグローバルモデルとして販売するモデルとなりますが、そのボディサイズやパワートレインは気になる所です。
エクステリアデザインは「S660」の意匠を継承する可能性が高く、ボディサイズは全長3500mm×全幅1590nn×全高1190mmという情報です。パワートレインには、新開発の1リットル直噴3気筒VTECターボを搭載、最高馬力は「S660」の倍、128psを発揮するといい、6速MTも勿論ラインナップされる可能性が高いようです。ワールドプレミアは2017年内、日本発売の可能性もあり、予想価格は300万円以内に収まりそうです。

Honda-S660_Concept-2013-1280-03-20160622132720.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。